コンテンツ連動型広告「ブログマッチ」

2011年04月17日

なるほどなー

被災地への物資支援は様々な形でおこなわれているが、大手通販サイトAmazonでは避難所の欲しい物に対し、ユーザーがギフトとして購入・配送できるサービスを始めている。

このサービスは、そもそもTwitter上で発案されたもの。7日、あるユーザーが「避難所でアマゾンのアカウントをとる→ほしい物リストを作る→公開→全国の人がそれを見る→見た人が贈り物として購入→アマゾンが届ける」とアイデアをツイートすると、共感したユーザーにより次々にRT(引用拡散)されていくなかでAmazonJAPAN社長であるJasper Cheung氏のもとに届き、9日午前、氏が快諾。6時間半後の同日夕方には見事そのシステムを整えたのだ。

その後、 AmazonJAPANは、まず陸前高田市消防団高田分団の「ほしいものリスト」を公開。続いて石巻市雄勝町明神避難所、仙台市宮城野体育館のリストが公開された。14日8時現在、希望のものは一時的にそろったのか、陸前高田市と明神避難所のリストには商品がないが、アマゾンギフト券を贈ることは可能のようだ。一方、4月14日現在、仙台市宮城野体育館のリストには簡易トラベルスリッパ、シャンプー、キャンピングセットなど4商品があがっている。「欲しい数量 100 受け取った数量 32 優先度 高」などといった状況も表記されており、送りすぎて現地で余るのではないかという心配もなさそう。
タグ:速報
posted by エポックメイキング at 14:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。